top of page
  • Linnas Design Inc.

小規模文化施設S-TOKYO運営開始のお知らせ



株式会社Linnas Design(本社:石川県金沢市、代表取締役:松下秋裕、以下Linnas Design)は、東京日本橋小伝馬町にある小規模文化施設S-TOKYO(読み:エストーキョー)の運営を行うこととなりました。同施設を立ち上げた岡野バルブ製造株式会社(本社:福岡県北九州市、代表取締役:岡野武治、以下岡野バルブ製造)が目指す「越境と共創の場」を実現するため、Linnas Designと連携しデジタルノマド向けに特化したコワーキング&コミュニティスペースとして2024年4月にリニューアルオープンいたします。


今までS-TOKYOが培ってきた日本橋のローカルコミュニティに、海外のデジタルノマドを巻き込むことで、ローカルとグローバルが混ざり合う場となる予定です。


ウェブサイト: https://www.valvehub.jp/s-tokyo



【S-TOKYOについて】


地方と東京を軽やかに往来しながら多拠点生活を送る人々や、世界を旅しながら暮らすノマドたちの交流拠点です。多様なプレイヤーがすこやかに働きながら、心地よくつながることを目指します。デジタルノマドとは、IT技術を活用し、場所に縛られず(国内外を問わず)「ノマド(遊牧民)」のように旅をしながら仕事をする人々のことです。世界のデジタルノマド人口は2022年の調査で推定3,500万人以上と言われています。


S-TOKYOの1階には、街に開かれた「カフェ/コミュニティバー」があります。日中は香り豊かなスペシャルティコーヒーを提供するコーヒースタンド、夜はユニークなコミュニティが集う社交場のようなバーになり、定期的にイベントが開催されます。

2階は「ラウンジ/イベントスペース」として、コミュニティメンバーが仕事の合間にリラックスできる休憩場所を設けました。アートギャラリーやプロダクトを展示する場としても使うことができる、自由な空間です。

3階はフリーアドレスのコワーキングフロア、4階はシェア会議室のフロアとなっています。首都圏だけでなく、日本中、世界中の様々なローカルで活躍するユニークな企業や人が集まるコワーキングスペースです。

屋上には人工芝の「スカイガーデン」を新設します。ヨガクラスの開催やコミュニティメンバーと植物を育てるなど、都会の中でも癒しや自然を感じリフレッシュできるようなイベントを企画しています。

2023年11月22日にプレオープンし、入居者の募集を開始いたします。2024年4月に正式なリニューアルオープンとなる予定です。





岡野バルブ製造株式会社代表 岡野武治氏よりコメント

ローカルの企業やその従業員が企業変革や事業変革を実現するためには、主体的に異質と触れ合い新たなマインドやスキルを取り込んでいく必要がある、当社はそれを「越境と共創」と呼び、それが実現できる「場」づくり、拠点開発を進めています。

現在4箇所(東京日本橋、沖縄コザ、京都五条、北九州門司)の開発が進んでいますが、東京日本橋小伝馬町「S-TOKYO」においては、金沢に拠点をもつ株式会社Linnas Design様と連携し、国内外のデジタルノマドが集う場所、デジタルノマドのマインドやスキルに「越境」し彼らと「共創」できる場所へと展開していくこととなりました。

日本のローカル企業と世界中のデジタルノマド、両極にあるような両者の融合は、これまでになかった新たな価値を創り出していくものと確信しています。




Linnas Design代表 松下秋裕よりコメント

岡野バルブ製造株式会社様の掲げる「越境と共創」という言葉に強く共感し、本施設の運営にコミットさせていただくこととなりました。S-TOKYOでは、日本のプレイヤーだけでなく海外のデジタルノマドたちも取り込むコミュニティを作っていくことで、まさに越境と共創が日々起こる場にしていきたいと思います。私たちが金沢でホテル運営をする中で培った、ローカルコミュニティと世界から訪れる人たちとが心地よく繋がる場づくりをここS-TOKYOでも実現して参ります。




施設概要

●施設名: S-TOKYO (エストーキョー)

●住所:〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町16−5

●開業時期:2024年4月予定(2023年11月22日プレオープン ) ●インスタグラム:


Comments


bottom of page